タグ: Markdown

Markdown Extended

Markdown のシンタックスサポートを強化してくれるパッケージ。

主に GFM (GitHub Flavored Markdown) をサポートしたシンタックスハイライト機能を提供してくれます。

Markdown Preview

編集中の Markdown をプレビューする機能を提供するパッケージ。

主にブラウザでのプレビューがよく使われる機能だと思いますが、 HTML ファイルとして出力したり、クリップボードに保存したりといったことも可能となっています。

自動で再読み込みをするライブリロード機能や、メタデータ / YAML Frontmatter のサポート機能なども含まれており、かなり規模の大きめのパッケージとなっています。

MarkdownEditing

Markdown の編集作業をサポートする各種機能を提供するパッケージ。

* やバッククォートをペアで記入してくれる機能やリストを自動で継続してくれる機能などがあり、 Microsoft Word のような使用感を得ることができます。

個人的には、リストの作成中に Enter を押すと変換未確定の日本語が消えてしまう問題があったように記憶しており、入れてはいますがあまり積極的には使用していません。

Sublime​Linter-contrib-markdownlint

Markdown 形式のファイルの構文チェックを行うリンタを提供するパッケージです。

内部的には Node の markdownlint-cli を使用してチェックを行います。 markdownlint-cli は別途環境にインストールする必要があります。

カレントディレクトリやホームディレクトリに置かれた設定ファイル .markdownlintrc を自動で認識してくれます。